大阪で利用できるネットスーパー一覧

大阪で利用できるネットスーパー一覧

まずはネットスーパーの前に、大阪で利用できるスーパーについて調べました。
で店舗数が多いところを紹介します。
スーパーマーケット名 店舗数
ライフ 122
サンディ 111
万代 104
業務スーパー 92
阪急オアシス 50
イズミヤ 49
食品アプロ 46
スーパー玉出 44
参照:大阪のスーパーマーケット店舗一覧

ご覧のような店舗が上位を占めています。
ライフ、サンディ、万代あたりは利用したことがある方も多いのでは。

ちなみにこの店舗数では小型店や高級スーパー、ディスカウントショップは除いています。(成城石井、ジャパン、ドンキホーテなど)

普段皆さんが使うであろう一般的なスーパーの店舗で多いものをピックアップしてみました。

必ずしも店舗数と比例して利用頻度が高いわけではないようです。
SUUMOジャーナルが大阪に住んでいる方を対象に行ったアンケート「頻繁に利用するスーパーは?」という質問ではイオンが1位になっています。

1位:イオン 31.0%
1位:ライフ 31.0%
3位:ダイエー 14.5%
4位:イズミヤ 13.9%
5位:マックスバリュ 9.4%
6位:万代 8.4%
7位:イトーヨーカドー 6.5%
8位:関西スーパー 5.5%
9位:スーパー玉出 5.2%
9位:阪急オアシス 5.2%

参照:【SUUMO調べ】頻繁に利用しているスーパー

1位はイオン
要因として、「食品から生活雑貨まで何でもそろって便利」、「大型店なので何でもそろう」、「大阪の通いやすい場所にある」といった意見が集まりました。
店舗数は1位でなくても、場所的に買い物しやすい要素があるようです。

2位はライフ
こちらも似たように「買い物しやすい場所にある」といった意見がありました。
他にも「品揃えが良い」、「価格が安い」、「ポイントがある」といった要素も人気を集めています。

3位はダイエー
店舗数ではそれほど多くないものの、「品質の良さ」、「大型店なので欲しいものがある」、といった意見がありました。
最近は品質を重視する方も増えているので、安定感という意味で人気になっているのでしょう。

店舗数では上位に入っていないものの、スーモ調査のアンケートだと人気があるスーパーもけっこうありました。

人気店はネットスーパーもやっている?

利用者の多いスーパーで、ネットスーパーをやっている店舗を調べてみました。
スーパーマーケット名 ネットスーパー有無
イオン 有:公式サイト
ライフ 有:公式サイト
ダイエー 有:公式サイト
サンディ
万代
業務スーパー
イズミヤ 有:公式サイト
マックスバリュー
イトーヨーカドー 有:公式サイト
関西スーパー 有:公式サイト
大阪の主要スーパー10店舗のうち、ネットスーパーをやっているのは6店舗でした。

ネットスーパーは配達するのに人件費もガソリン代もかかりますから、配送料を有料にしているところもあります。
もし無料になる場合でも、いくら以上の購入などと設定しているところばかりです。

大阪のネットスーパーの特徴

大阪のネットスーパーの特徴をまとめました。
気になるスーパーがありましたら、是非チェックしてみてください。

イオン

項目

内容

配送料

330円

付与されるポイントの種類

WAONポイント

付与されるポイント

合計額200円(税抜)につき、1ポイント

ポイントの使用

可能

その他特徴

・お客さま感謝デーはネットスーパーの場合、対象外

メリット
・食品が充実している(特にお惣菜)
・日用品が充実している
デメリット
・配送無料にならない
・ポイントがあまりつかない
総括
商品の値段は高からず安からずの平均的な相場。
全体的に商品数が多いのが特徴。
お惣菜も他のネットスーパーよりもやや多い印象です。
天ぷらや揚げ物、お弁当、お寿司などを頻繁に買いたい人はお勧め。

ただ送料が必ず330円かかるのがネック。
毎回かかると1年間で配送無料のところとの差はかなり大きいです。
1週間に1回依頼するとしたら、1年間で1万7,160円かかる計算になります。
ただ、商品の質も良いですし、配送料以外は悪くありません。
イオン公式サイト

ライフ

項目

内容

配送料

5,500円以上:220円/5,500円未満:440円

付与されるポイントの種類

ライフポイントカード

付与されるポイント

合計額200円(税抜)につき、1ポイント

ポイントの使用

不可

その他特徴

店舗で実施する○倍ポイント、ボーナスポイントは取扱い対象外

メリット
・店舗数が多い
・広告の品も買える
・ペット用品が多い(265件)
デメリット
・配達料が無料にならない
・ポイントはもらえるが、ネットスーパーでは使えない
・ライフ以外で使えないポイント
総括
配達料が無料にならないのが痛いところ。
また、ポイント付与も200円につき1ポイントなので決して多くはない。
お得感はないが、広告品などが買えるのでお近くにライフがある方は良いかも。
ライフ公式サイト

イズミヤ


項目

内容

配送料

3,000円以上:110円/3,000円未満:220円(月間使い放題会員は月会費330円で配達料無料)

付与されるポイントの種類

付与されるポイント

ポイントの使用

不可

その他特徴

ソレーナスタシアカード決済時のみ、合計額200円(税抜)につき1ポイント。ただしSポイントは楽楽マーケットでは使用できない。

メリット
・大阪で店舗数が多い
・生鮮食品を含む5,000品もある
・第2土曜、日曜は5%引
デメリット
・配達料が無料にならない
・ポイントはもらえるが、ネットスーパーでは使えない
・Sポイントは阪急阪神グループの施設など使用できるところが限られる
総括
イズミヤのネットスーパーは「楽楽マーケット」という名前で配達しています。
大阪だけでなく、京都府や兵庫県の一部の方も利用でき、関西では有名なスーパーです。

一番魅力的なのは、毎月第2土日は5%オフで買い物ができること。
また初回のみ500円の割引券もあるので、利用者に優しいネットスーパーとなっています。

ただデメリットとしては、配送料が無料になる方法がないこと。
月額料金払いは月何回頼んでも配送料がその都度かからないサービスですが、結局月額料金はかかるので商品以外の費用も発生することになります。

あとポイントが使えないのも残念ですね。
実店舗ではポイントを使えますが、ネットスーパーでは使えないので、その点ちょっと不便に感じるかもしれません。
イズミヤ公式サイト

イトーヨーカドー


項目

内容

配送料

330円/子育て支援に登録で102円

付与されるポイントの種類

nanacoポイント

付与されるポイント

合計額200円(税抜)につき、1ポイント

ポイントの使用

可能

その他特徴

・魚を無料で捌いてくれる ・レジ袋は何枚使っても2円
・レジ袋なし(かご配達)も選択できる

メリット
・商品の品質が良い
・特売日がある
・最低購入価格の設定が無い
・子育て支援サービスがある
デメリット
・配送無料にならない
・そんなに安くはない
・ポイントがあまりつかない
総括
実店舗と同じように特売日があるので、その日は野菜や卵が安く買えます。
特に卵が105円で買えるのは魅力的(1,000円以上購入した場合)。

ただ、その他の商品は全体的に安いというほどではないので、値段重視の人にはそんなにお勧めできないかも。
また、また妊娠中の方や子育て中の方は母子健康手帳を提出することで4年間配送料が105円になります。
しかしそれ以外の人は毎回330円かかるので、ちょっとそれがネックに感じるかもしれません。

良い点は最低購入価格設定がないこと。
いくら以上買わないと注文できないというネットスーパーもありますが、イトーヨーカドーは特にそういう制限がないので1,000円でも2,000円でも好きな料金で購入できます。
イトーヨーカドー公式サイト

ダイエー


項目

内容

配送料

5,000円以上:無料/5,000円未満:330円

付与されるポイントの種類

WAONポイント

付与されるポイント

合計額200円(税抜)につき、1ポイント

ポイントの使用

可能

その他特徴

・お客さま感謝デーはネットスーパーの場合、対象外

その他特徴

イオンカード支払いだとお得なメリットがあります。毎週日曜日はポイントが10倍。 毎月20日と30日はほとんどの売り場で全品5%オフ。

メリット
・利用者が多いスーパーで安心感がある
・チラシ掲載商品も買える
・イオンカード決済ならポイントが10倍
・20日、30日は5%引
デメリット
・店舗で扱っている商品全てが売られているわけではない
・ポイントが貯まりにくい
総括
取扱点数が非常に多く、利用しやすいネットスーパーです。
店舗にない商品もありますが、それでも1万点ほどあるのでそこまで品薄感は感じないでしょう。

店舗と同じようにWAONポイントを使うこともできます。
ネットスーパーで取り扱いのない商品は「品揃えリクエストフォーム」から申請することで、今後はネットでの取り扱いを検討してくれます。
ダイエー公式サイト

まとめ

以上、大阪で利用できるネットスーパーをまとめました。
ダイエーは大阪で配送料が無料になる希少なネットスーパーです。
ダイエーなら5,000円以上購入することで配送料を無料にすることができます。

その他は残念ながら、ある程度の金額購入すれば安くなるのですが無料にはなりません。

商品で見ていくとイオンとダイエーが品数ではかなり多いです。
イズミヤやイトーヨーカドー、ライフも普通に店舗にあるような商品が置いてあるのでそれで十分という方なら全く問題ないでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加