イトーヨーカドーネットスーパーのメリットとは?7つの利点を紹介

イトーヨーカドーネットスーパーのメリットを紹介します。
他のネットスーパーと比較し、イトーヨーカドーならではの良い点もいくつかあります。
他と比較して何が良いのか7つ紹介します!

特売で安く買える日がある

イトーヨーカドーは特売日に野菜や卵が安く販売されています
特に私がよく利用するのが野菜のバラ売り。

安く販売されているのはピーマン、じゃがいも、トマト、キュウリ、人参など。
全部の野菜が安く販売されているわけではないですが、よく使う野菜が安く販売されています。

西友がトマト1個169円で販売されている時に、イトーヨーカドーの特売日では1個105円で販売されていました。

イトーヨーカドーの特売日 トマト

全体的には西友のほうが値段が安いんですけど、特売日になるとイトーヨーカドーのほうが安くなります。
そして水曜日になると卵が105円で購入できます。(他の商品と合わせて全部で1000円以上購入した場合)

イトーヨーカドーの特売日 卵が105円

地域によって曜日は違うかもしれませんが、卵も安く買えるのがイトーヨーカドーのメリットかなと思います。

品数が豊富

品数が多いのもイトーヨーカドーの特徴です。
例えば、野菜・果物の項目で検索するとイトーヨーカドーは207品に表示されるのに対し、西友は131品。

それだけ野菜や果物の数が多いということです。
種類自体も多いですし、1つの野菜に対して色々な種類があるのも特徴。

例えば、西友で「トマト」と検索すると普通の大きさのトマトとミニトマトだけ。
イトーヨーカドーは普通のトマトだけでも産地ごとに5種類ぐらい販売されています。

イトーヨーカドー 品数 種類

ミニトマトもオレンジ色のトマトなど種類があります。
その他いろいろ調べてみましたが、西友にはしゃぶしゃぶの肉や春菊がなかったり、なぜか鍋に使うような具材がありません。

イトーヨーカドーはそういったものも揃っています。
数ある商品から選べるのがイトーヨーカドーのメリットです。

品質が良い

品質もイトーヨーカドーはいいなと感じる部分があります
特に肉で比較するとよくわかります。

牛豚ひき肉の産地を見ると普通、アメリカやカナダ、オーストラリアなどが多いです。
イトーヨーカドーの牛豚ひき肉を見ると、アメリカやオーストラリアの肉も入っているんですが、それにプラス国産の牛肉も入っていました。
また、国産の豚だけを使用したひき肉もあります。

イトーヨーカドー 肉 品質

それ以外では鶏肉を見ても、イトーヨーカドーではブラジル産の鶏肉が販売されていません。
すべて国産のみの鶏肉を扱っています。

ブラジル産鶏肉の仕入れは別に難しくないはずです。
ブラジル産の鶏肉は100gあたりで国産より安いんですが、そういったものを取り扱うより品質を重視しようという意図が見えます。

産地や品質にこだわる人にイトーヨーカドーはいいなと感じました。

魚を捌いてくれる

イトーヨーカドーネットスーパーでは無料で魚をさばいてくれます
魚の内臓を取るのが嫌、ヌメヌメして嫌という人はこのサービスを利用するといいかなと思います。

エラやワタを取り除くだけでなく、うろこの処理もしてくれますからね。
届いた魚の処理が不要なのは助かります。

イトーヨーカドー 魚を捌いてくれる

しかも、どんな切り方でも対応可能です。
ひらき、二枚おろし、三枚おろし、切り身など。

例えば、アジやさんまを開きにしてもらう、なんてことも可能。

ただ、私が依頼したことがあるのは、さんまの開きぐらいですかね。
もともと開きとか切り身で売っているものも多いので、わざわざオーダーしなくても大丈夫なことが多いです。

ホッケ、アジ、ブリなどほとんどが切り身で売っています。
他のネットスーパーでは1匹そのまま売っていることもあるので、それだと確かに調理が不便ですから助かります。

最低購入価格の設定が無い

イトーヨーカドーネットスーパーでは最低購入価格の設定金額がありません
だから100円でも200円でも注文可能。(配達料を考えるとそんな低額で買う人はいないと思いますが)

いくら以上買わないといけないとなると、ちょっと無理やり買い物しなきゃいけないと思う人もいると思うので、金額設定がないのはありがたいですね。

イトーヨーカドー 最低購入価格の設定が無い

ちなみに西友は2,000円以上購入しないと注文自体ができません。

私は1週間に1回しか買い物をしないのであんまり気にしたこともありませんが、ネットスーパーを週に2、3回利用しようと思っている人は、毎回たくさん買うわけでもないと思うので、最低購入金額が設定されていないのは助かるんじゃないかなと思います。

レジ袋が実店舗より安い

イトーヨーカドーの実店舗で買い物をすると、レジ袋は1枚2円です。
それなりに買い物したら3、4枚必要でしょうから、10円近くなることもあるでしょう。

一方、イトーヨーカドーネットスーパーだと何枚レジ袋を使うことになっても2円です。

2袋で届いても2円、5袋で届いても2円です。
これはかなり良心的かなと思います。

イトーヨーカドーネットスーパー レジ袋 写真

私は最初、レジ袋で注文すると枚数分料金がかかるかと思っていました。
でもネットでクレジット決済をしている時は、レジ袋を何枚使うかなんてわかりませんよね。

私は配達してくれたときに、レジ袋の枚数に合わせてその場でレジ袋分だけ代金を払うのかと思っていました。

でもそんな面倒なことはせず、あらかじめ2円と決まっていてそれ以上はお金を払いません。
つまりネットスーパーで買い物した方が、レジ袋を何枚使おうが2円なのでお得感があります。

妊娠中、育児中の方は配送料が102円

妊娠中や育児中の方は配送料金が102円になるサービスがあります。
イトーヨーカドーの配送料はもともと330円。

それが母子健康手帳の提示で4年間は102円になります。
母子健康手帳をイトーヨーカドーに見せて、手続きを終えた日から4年間なので、母子健康手帳を役所でいつ交付されたとかは関係ありません。

イトーヨーカドー 母子健康手帳の提示で4年間は102円

もし母子健康手帳を持っている方はこの手続きをした方が良いと思います。
手続きについてはこちらのページに詳しく記載してあります。

まとめ

以上、イトーヨーカドーのメリットについて紹介しました。
いろいろメリットがあるんですが、個人的に一番魅力的なのはやっぱり特売日ですね。

イトーヨーカドーの特売チラシがご自宅に届いていることもあるかと思いますが、その値段で普通にネットスーパーでも購入できます。

特に野菜や卵はほんとに安いです。
卵は普通に購入すると198円、ちょっと安くても150円ぐらいだと思います。
でもイトーヨーカドーだと105円で購入できますからね。

野菜や卵だけ注文するというのもアリかなと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

イトーヨーカドーネットスーパー公式HP